PickUp!
【実戦レポ】No.10 アイムジャグラーEX 推定設定6(不発台)

おはようございます、6号機のジャグラーにもきっと今のジャグラーの立ち回りが活きてくると信じているオツカレです。

スペックが変わるので多少挙動は変わると思われますが、これまでと通じるものはあるはずです。アイムジャグラーEXは6号機新台と入れ替えになるようですが、立ち回りはきっと役に立つと思いますので、新世代に突入する前にしっかり研究しておきましょう!

では今回の実戦レポに参ります。

アイムジャグラーEX 実戦開始

今回は朝一からの実戦。メインで行っているホールのクセとして、2~3日連続で-2000~-3000枚のドマイナスな台に高設定を入れてくる傾向があるので、そういう目線で台を選び実戦開始。

まずは朝一の要所、ガックン判別。

ガックンあり。設定変更確定なので、順調に出玉が伸びた場合に低設定据え置きのリスクを警戒する必要はない。これにはかなり大きなメリットがある。

まずは43回転チェリーBIG。そこから171チェリーREG。159チェリーREG。65チェリーBIG。

さらに40チェリーREG。チェリー同時5連続。高設定の可能性は十分ある。(当たり履歴赤下線はチェリー同時)

総当たり13回時点

合算1/96 ぶどう200回で1/6.71

その後も大きなハマリはなく、ジワジワ出玉を増やしていく。

総当たり25回時点

合算1/106 ぶどう400回~500回で1/6.42~1/6.39 チェリー同時BIG:REG=7:7

ぶどう以外は全て優秀。

設定4であれば+2000枚付近まで上がった後、一旦出玉が下がることが多いが、この台は停滞するも下がらずといった感じ。

爆発的に伸びはしていないが、合算、そしてなによりチェリー同時がかなりの高水準設定5以上濃厚と判断。

総当たり37回時点

合算1/110 ぶどう600回~700回(1/6.27~1/6.24)

当たり分布は以下の通り。

当り総数 37
回転数 当り回数 割合(%)
1~100 20 54.1
~200 12 32.4
~300 4 10.8
~400 1 2.7
~500 0 0.0
~600 0 0.0
~700 0 0.0
701~ 0 0.0

100以内はそこまで多くないが、100台と合わせて86.5%と高く、なにより最大ハマリが300台1回のみというところに注目したい。設定5,6でも大きくハマることは全然ありうるので、若干ビビリながら打ち進める。

総当たり46回時点 

合算1/118 ぶどう900回で1/6.23

当たり分布は以下の通り。

当り総数 46
回転数 当り回数 割合(%)
1~100 23 50.0
~200 15 32.6
~300 6 13.0
~400 2 4.3
~500 0 0.0
~600 0 0.0
~700 0 0.0
701~ 0 0.0

ぶどう確率が徐々に上がって、下がらないため設定6の期待が高まる。しかし合算、出玉は6とは言い難い程度に留まっている。

少なく見積もって設定5だとしても100回転以内が50%というのは低すぎる印象。今後100以内での当たりが爆発的に増える可能性に期待しつつ打ち進める。

その後もぶどう確率は上昇し、高い水準をキープ。設定6と判断し閉店まで打ち続けるも、出玉が爆上がりすることはなく、設定5のMAXを超えないまま終了。

スポンサーリンク

結果

最終的なデータとグラフ、当たり分布は以下の通り。

 

ぶどう確率はどう見ても設定6

ぶどう確率の推移は以下の通り。

ぶどう回数 確率
100 1/6.39
200 1/6.71
300 1/6.47
400 1/6.42
500 1/6.39
600 1/6.27
700 1/6.24
800 1/6.27
900 1/6.23
1000 1/6.16
1100 1/6.08
1200 1/6.11
1300 1/6.15
1400 1/6.13

序盤は低い状態が続いたが、600回頃から設定6の水準に近づき、その後1000~1400回の長い間設定6を上回る高確率となった。

ハマリが少ない

当たり分布は以下の通り。

当り総数 75
回転数 当り回数 割合(%)
1~100 38 50.7
~200 21 28.0
~300 12 16.0
~400 4 5.3
~500 0 0.0
~600 0 0.0
~700 0 0.0
701~ 0 0.0

大きなハマリがないが、100以内の当たりが異常に少なかった。

設定推測

出玉、合算は設定6と考えるには低い結果となったが、ぶどう確率は設定6の水準であった。終始チェリー同時が異常に高かった。

アイムジャグラーEXの設定5か6かという判別は、最終的には合算・出玉・ぶどう確率で行うが、今回の場合はぶどう確率が明らかに6を示しており、また、これだけ打って最大ハマリが300台ということもあって設定6と判別した。

私の考えでは、この台は「100回転以内の当たりが増える前に終了した設定6」だと思われます。レアケースではありますが、十分起こりうることです。今回は久々の朝一からの6ゲットでしたが、不発に終わりました。次回設定6を朝一からゲットできる頃にはもう6号機になっているかもしれませんが、その時はぜひ、出まくる方のレアケースに遭遇したいものです。

レポートは以上です。オツカレでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事